« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月の9件の記事

2005/12/31

大晦日

不覚にも体調不良と寒さもあって、10日間ほど自宅に閉じこもりきりでした。
一年の振り返りをと思いながらも、ぼやぼやしてる間に、なんともう大晦日です。

皆さんにとって、今年はどんな一年だったでしょう。
大事なところでしばしば体調を崩すこともあって、残念ですが私にとっては
正直最良の一年とは言えなかったのではないかと思います。
来年は体調コントロールに注意して、一年間健康にすごせたらと思います。

05年も残すところあと2時間あまり。
それでは皆さんも良いお年をお迎え下さい。

2005/12/10

サッカーネタ満載

今日は、サッカーネタ満載の一日でした。

まずは身近なところから、何と言っても入れ替え戦での“甲府2連勝”でしょう!
それも6-1、バレーのハット×2って、凄過ぎる!!

一時はクラブ存続の危機とさえ言われながら、それを乗り越えてのJ1昇格。
甲府の皆さん、悔しいけど・・・本当におめでとう!!

茶虎は、午後から天皇杯の鹿島vs大分&浦和vsFC東京をまったり観戦していました。
“ああ、やっぱり早くJ1の仲間入りしたいな~”などと思いながら。

でもこれで来季は、神戸、ベルディ、柏と対戦するなんて、なんか信じられません。
こりゃJ2じゃなくてJ1.7くらいじゃないの^^; 大変なシーズンになりそうです。

それから、独ワールドカップの組み合わせが決まりましたね。
日本は、F組。ブラジル、クロアチア、オーストラリアと一緒ですね。
初戦のオーストラリアに勝って、2戦目のクロアチアには前々回の借りを返して欲しい。
そしてブラジルに思い切って挑めば、決勝T進出も見えてくるでしょう。

ところで、今朝のFM仙台、仙台スタジアムのスタジアムDJ大阪ともおさんの番組に
元仙台FWNo.11の佐藤寿人選手(現広島)が特別電話出演。

仙台のサポーターに、(うる覚えですが・・・)“色々と言いたい思いはあるだろうけれど、
来季残る選手たちにどうかパワーを与えてあげてください!”とのメッセージ。

彼のHPの日記を見ると、シーズン中もたまに仙台のことを書いてくれてたりしています。
広島の空の下でも仙台のことを色々心配してくれていたんですね。

ありがとう寿人選手、今季広島に移籍してしまって半分悔しい思いはあるけれど、
J1の舞台で活躍(日本人得点王)する姿を見て、本当にうれしかったですよ!
頑張って、来年のWC、ブルーのユニ姿を寿人サポのみんなに見せてください!!

寿人選手については、まだまだ一杯書きたいことがあるけれど、
機会があったらまた日を改めて・・・

2005/12/09

甲府勝利 J2の意地を!

またまたタイムラグ発生ですが・・・

おととい、終了間際に停電と言うハプニング付で、甲府が柏に2-1で勝ちましたね。
嗚呼、仙台も福岡に勝っていれば・・・と、正直少々複雑な思いはありますが、
こうなったら44節の長丁場、ともに戦ってきたJ2魂、意地を見せてやってください!

でも来期柏も・・・ブツブツ・・・・(以下略)

都並さんは、この結果をどういう思いでみていたのでしょうか。
スタジアムの外で結果を傍観しなければならない。さぞ悔しかったことでしょう。
茶虎もこの悔しさをバネに、歓喜の時を迎えるまで、精一杯サポートして行きたいです!

都並さんとも何時しかJ1の舞台で戦える日が来るかもしれませんね。
その時は、勿論仙台が遠慮なく勝ち点をいただきます。
今は、とにかく一年間お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

2005/12/07

またしても監督交代・・・ベガルタがある限り!

一日経ってしまいましたが、避けて通れない話題なので、ちょっとだけ・・・

12.06 都並敏史監督退任のお知らせ(ベガルタ公式HP)

安定より変革 昇格へ背水の陣 J2仙台都並監督退団(河北新報)

社長の発言のニュアンスからして、半々であるかなと思っていましたが・・・
都並さんの退任が発表されました。

03年9月にシーズン途中で突如清水さんを解任し、“J1でも戦えるチームに!”と、
ベルデニック監督を複数年契約で招聘。
長期的ビジョンが見えたかと思ったら、“成績不振とコミュニケーションが取れない・・・”
という理由で04年シーズン終了後に解任。
そして今シーズン、後に推定1億円もの和解金(実質違約金)をベルでニック前監督に
支払うことと引き換えに招聘したのがJの監督経験がなかった都並さんでした。
その都並さんに「プロは結果がすべて」と、来期もまた監督交代。

果たして監督だけの責任でいいんでしょうか?
余計ともいえる1億円払ってまで新人監督。そして結果が出なかったって・・・
コミュニケーション云々でベル監督を解任して、今度また外国人監督って・・・

先日も書きましたが、フロントの長期的なビジョンが聞きたいです。
茶虎個人的には、2年目、3年目の楽しみな人材が多いベガルタですから、
育成型に切り替え、長期的な視野に立ったチーム作りをして欲しいと思っています。

ただ、社長は“(来期)J1は目標ではなく、義務!”と言い切りましたので、
来年に勝負(とお金)をかけるのでしょう。

まあ、なんだかんだ言っても一つ言えること・・・
“大好きなベガルタがある限り、一生懸命応援していく!”
それしかないんですけどね・・・

2005/12/05

積み上げが大切!

今日はT病院の定期の受診日。何故かここ最近、受診日というと悪天候。
家族からもすっかり“雨(今日は雪模様でしたが・・・)男”と、からかわれています。

病院で行き会ったベガ好きの知人も、財前選手の事がとてもショックだとの事。
古くからの選手もいなくなって行くので、スタジアムに行く気も薄れてきてしまったとも。

夜のOX(フジテレビ系ローカル局)のスポーツニュース(?)『スポルたん!』、
清水さん(元ベガルタ監督)が出演、ベガルタの今期の簡単な総括をしてくれました。
“一年一年毎の積み上げが大事!”という事を仰っていましたね。

また来シーズンも懲りずに“1”からスタートしようとしているフロントの偉い方々、
その辺、どう思われているんでしょうか?
どうか“長期的なスパン”での“夢”を僕らに与えてください! お願いします!!

3日の福岡戦、博多の森、そして仙スタでのPVに終結したサポーターの様子も交えて、
それから解雇になった財前選手の01年に昇格を決めた決勝ゴールの映像も・・・
不覚にも、そして女々しいかもしれませんが、また目に涙が溢れてきてしまいました。

2005/12/04

涙雨・・・

『戦力外通告の日』・・・嫌な響きです。
昨日もちょっと書きましたが、今年も嫌な日がやってきました。
なぜか昨日よりもせつない・・・

12.04 熊谷浩二選手現役引退のお知らせ
【MF】熊谷浩二選手(6/30)

12.04 契約満了選手のお知らせ
【MF】財前宣之選手(10/29)、松浦宏治選手(13/25)秋葉竜児選手(28/21)
【DF】森川拓巳選手(19/28)、大河内英樹選手(27/20)
【GK】森田耕一郎選手(16/21)

12.04 期限付き移籍期間満了選手のお知らせ
【FW】シュウェンク選手(9/26)、バロン選手(11/31)

*( )内の数字はいずれも前が背番号、後ろが年齢です。

クマこと熊谷選手、11/26仙スタでの涙は、そういう意味もあったのでしょうか?
怪我にも泣かされ、キャプテンとしても色々つらかったことも多かったでしょうね。
鹿島から仙台に来てくれた時は、本当にうれしかったですよ!
J1での勇姿がもう一度見たかった。本当にお疲れ様でした。

ザイこと財前選手、若い頃、あのヒデこと中田英寿よりもうまいと言われた男。
もう言うまでもない『ベガルタの顔』でした。
実は、茶虎のTシャツもザイの10番Tなんですよ・・・
あの西京極での昇格を決めた伝説のボレーシュート、決して忘れません。
これで、茶虎が仙スタ通い始めた頃からの選手は、千葉直樹選手だけに・・・
財前選手、長い間、ベガルタのために本当にありがとう!

匠こと森川選手、その小さな体からは信じられないジャンプ力。
そして忍者のようなインターセプト。とても好きな選手でした。

シュウェンク選手、やっとフィットしてきてこれからだと思ったのに。
来年も見たかったですよ!プレーもその癒される笑顔も。

バロン選手、前半の、そして終盤の大事な時の怪我さえなければ・・・
本当に悔やまれてなりません。チーム一の得点をありがとうございました。

そして、松浦、秋葉、大河内、森田の各選手、ベガルタで輝くことができず残念。
でも若さがあります。どうか次のチームで輝いてください!

ベガルタ仙台を去り行く皆さん、本当にお疲れ様でした。そしてありがとう!!

外は雪ではなく、雨です。朝は、昨日と一転していいお天気だったのに。
去り行く選手たちとのお別れの涙雨でしょうか・・・

2005/12/03

時計は止まったまま?

今日は2回もがっくりと肩を落としてしまいました。
一度目は、1-1で終了のホイッスルがなった時。
二度目は、テロップで『京都 1-2 甲府』の結果が流れた時。

最後で何がおきるか分からない。これがサッカーなのですね。
まあ、引き分けての他力本願では、あまりにリスクが大きすぎることは、
重々分かっていたはずでしたが・・・

外人2人抜きとは言え先週甲府に大勝した福岡に、2敗1分けと今季分の悪い福岡に、
あれだけ見事な戦いをしたのですから、選手たちは本当に頑張ったと思います。
だから、本当に勝ちたかったです。。。。

J1昇格の時を刻む時計は、03年11月29日から今年も止まったままでした。
けれど今シーズンだけを見ると、地獄を見た開幕の徳島戦から始まる
序盤の低迷振りからすると、『よくぞここまで』と言う思いがしています。

ホーム最終戦でやっと一つになれたチーム(監督・選手・スタッフ)とサポ、
そして待ち続け、遂に帰ってきたあの素晴らしき真のホーム仙台スタジアム。
願わくば、12/7、再びあの感動を味わいたかった!

外は深深と雪が降っています。初雪です。
博多の森で、仙台スタジアムのパブリックビューイングで、そしてTVの前等々で
心を一つにして応援し、そしてあの瞬間に一斉に肩を落としたベガサポ。
そんなみんなの今の心を象徴するかのような雪模様です。

リーグ戦は終了。明日からまたあの期待と不安、そして寂しさが入り混じった
ストーブリーグが始まることでしょう。

いやいや、今日はあと何も考えるのはやめましょう。
とにかく、監督、選手、スタッフの皆さん、1シーズンお疲れ様でした。
そして夢と希望をありがとう!

PS.福岡に駆けつけたサポの皆さん、大変お疲れ様でした。
   気をつけて帰ってくださいね!

2005/12/02

決戦前夜!

もう既にあちこちのサイトや掲示板で言われていましたが、
この(05年J2リーグ)日程を組んだのは神だ(゜ロ゜;)!

11/26(土)43節 仙台(3位)vs 京都(1位)
           甲府(4位)vs 福岡(2位)

12/03(土)44節 仙台(3位)vs 福岡(2位)
           甲府(4位)vs 京都(1位)

非常に惜しく&残念にも42節で福岡の2位が確定してしまいましたが、
そうでなければもっとワクワク、ドキドキの展開になっていましたね。
勿論、京都が独走していなけれ(以下略)

現在の状況を整理してみると、仙台が勝ち点67・得失点差+19で3位、
甲府が勝ち点66・得失点差+13で2位。
勝ち点差で『1』、得失点差で『6』仙台がリードしています。

ですから、仙台3位以内の条件は・・・
明日、仙台が勝てば甲府の結果にかかわらずOK。
仙台が引き分けた場合、甲府も引き分け以下ならOK。
仙台がもし負けた場合でも点差が5以下なら、甲府引き分けでもOK。
甲府がも・・・いやいや、とにかく勝てば良いんです。
監督・選手を信じて、勝つことのみを考えましょう!

先週、茶虎は気管支炎で仙台スタジアムには行けませんでしたが、
試合前、遂にコアサポリードで『都並コール』がスタジアム中に響き渡ったとか。
そして試合終了後のセレモニーでのキャプテンの涙の挨拶。
試合には負けてしまいましたが、ここに来てやっと本当に選手・スタッフ、
そしてサポーターが一つに慣れたのではないでしょうか。
やっと我等の『仙スタ』が戻ってきた!!!

9月1日の日記に書いた『ある思い』とは・・・・
『どんな悪い結果が出ようとも、頑張っている選手たちの良いところを探しながら、
一試合一試合を楽しんで行こう。声援を送っていこう。
そして、またあの素晴らしいスタジアムが帰ってくることを祈っていこう!』でした。

今週月曜日夕方、ローカルニュースのスポーツコーナーで、
上に書いたスタジアムの様子が放送されたのを見て、
思わず目頭が熱くなってしまいました。

「まだ終わりではない! 12月7日、またここ(仙スタ)に帰ってきます!」

監督、キャプテンのその言葉を信じ、明日は福岡には行けないけれど、
テレビの前で、今ここに来てこんな大勝負に立ち会えることを楽しみながら、
一生懸命、福岡にパワーを送り続けたいと思っています。

2005/12/01

変わりゆく 思い出の街・・・

地元新聞のWeb版を見ていたら、↓のような記事が目に付きました。

▽ダイエー泉店跡地利用 来年中に商業施設 三井不動産検討
▽仙台の東北学院中・高跡地 森トラストに売却へ
▽33年間の歴史に幕 十字屋仙台店が営業終了

河北新報Web版 『Kolnet』より(*閲覧には簡単な登録が必要)


ダイエー泉店は、茶虎が受傷しリハビリを終えて退院したばかりの頃、
家から少々遠い(片道25km程)のですが、よく出かけたものでした。

身障者用駐車場&トイレが整備されている店舗が少なかったあの頃、
安心していける商業施設の一つだったのです。

ハートビル法施行後にその適用を受けたモール仙台長町店が近くにできてからは、
ダイエー泉店方面には足が遠のいてしまいました。

経営不振から、今年の9月末に閉店してしまうと聞いて(関連記事)、
是非、もう一度行ってみたいと思いながら叶いませんでした。


東北学院は、茶虎の母校です。中・高・大と10年間お世話になりました。
地元で『学院』と言えば、東北学院のこと。OBも各方面で活躍。
ちなみに我等のベガルタ戦士では、『直樹(1号)』こと千葉直樹選手がいます。

6年間通った中学・高校の校舎は、今春、仙台の中心街から郊外へ移転しました。
3月末には、お別れにと、旧校舎が卒業生へ公開されました。
残念ながら、茶虎はインフルエンザの直後だったので、行くのを断念してしましたが・・・


そして昨日、仙台駅西部地区にある十字屋仙台店が閉店。
学院に通っていた頃、バス停がすぐ傍だったので、バス時間に間があるときは、
時間つぶしでたまに寄り道したものでした。

実家にいた頃、年末にアメリカ横町(今のeビーンズ・昔のエンドーチェーン駅前店
西側にある生鮮市場)に行くのが恒例となっていました。正月の準備ですね。
十字屋へは、そのついでに母親とも一緒によく寄ったものです。

なんだか思い出の場所が次々となくなっていくようです。
街も変わっていくのですねぇ・・・

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ