« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の6件の記事

2006/05/09

苦しみを上回る幸せを!

福知山線事故の怪我で入院生活を送っておられた方は168名。
5月7日に、その最後の方が退院されたそうです。

その方は、同志社大3年の岡崎愛子さん(20才)。
岡崎さんは、茶虎と同じく“頸髄損傷”。
両手足に麻痺が残り、車いすの生活となるとのこと。

ただでさえあの悲惨な事故ですから、
精神的なショックはどれほど大きかったことでしょう。

いくつもの困難が、これからも待ち受けているかもしれません。
しかし、岡崎さんが苦しんだ分、悲しんだ分、苦労した分・・・
どうかそれを上回る、大きな、大きな幸せが待っていてくれますよう!

頑張れ、岡崎さん!!

*関連記事

重傷、車いす同大生、愛犬と希望キャッチ フリスビードッグ大会へ(京都新聞)

脱線事故377日ぶり退院  最後の1人、岡崎さん(岩手日報)


2006/05/08

荒川静香選手の新たなる挑戦に拍手

やはり荒川選手はプロ転向を表明しました。

振り返ると・・・・・・
トリノでの金メダル獲得には勿論感動しましたが、
ショートプログラムでの美しい滑りを見た時には、
もうメダル云々抜きで、本当に感動させられました。

そして、凱旋帰国後初のスケートショーでの
「ユー・レイズ・ミー・アップ」に乗っての滑り、
何故か涙が出そうになったんですよね。

金メダル獲得直後にNHKのドキュメントを見ました。
確か「レベル4への挑戦」とか言うタイトル。

今では超有名になったイナバウアーが競技場加点されない、
しかし“自分らしさ”を追求し、敢えて取り入れた。

一方、高難度「レベル4」を盛り込むために、
最後のスピンにもう1種類追加した。
流れの美しさを犠牲にしても・・・

その他、並々ならない努力、努力。

フィギュアで高得点=メダルを取るのって
想像以上に大変なんですね。

前述したアイスショーでの滑りの優雅さは、
メダル獲得からの自信に満ち溢れたものに加えて、
そんな束縛(?)からあたかも心が解き放たれた・・・
なんて、勝手に想像したりしていました。

それから、プロ転向後の目標を問われて、次のように。
“アマチュアの人のために、役に立てるように協力していきたい。
リンク事情が悪い中、競技を続けている人に夢と希望を
与えられるようなスケーターになりたい”

こちら宮城県でも荒川選手が育ったリンクをはじめ、
経営難から次々とリンクが閉鎖してしまっています。
荒川選手スケートの育ての親である長久保コーチは、
この春に無念の思いを残しながら名古屋へ。

トリノ帰国後、荒川選手は、そのような現状と危機感を
会見の機会がある毎に訴えてきました。

そんな荒川選手の更なる挑戦、プロ転向。
心から拍手を送りたいと思います。

荒川選手似顔絵似顔絵描いてみました。
似てないですね^^;
荒川選手並びにファンの皆様、
ごめんなさい<(_ _)>

2006/05/06

ベガッ太君への勝利のプレゼントはお預け・・・

△第14節 仙台 2-2 湘南(ユアスタ・18,648人)
・・・7勝2敗4分・勝点25・得失差+17・暫定2位

ベガッ太君

第2クール初戦。
第1クール黒星を喫した相手。
黄金(ベガルタ)週間締めくくりの週末。
大入り(18,648人)のホームゲームなどなど。。。

あっ、もう一つ。
5月2日は、ベガッ太君の?回目の誕生日とのこと。

序盤から選手の動きもすごく良かったし、
是が非でも勝ちたかった試合でしたが・・・・・・

まあ、長いシーズン、こんな時もある。
(我慢+忍耐)×2 の時期でしょうか?


・・・と、言いながら、一言だけ・・・
ボルジェスのファーストチャンス、ありゃPKだろが!
ディフェンダーの足が完全に引っかかってるぞ!!
頼むから良く見て頂戴な<(`^´)>

あっ失礼、一言じゃ終わらなかった^^;


今日は、早朝から変な夢にうなされるし・・・・・・
ちょっとお疲れ気味、そろそろ休みます。

おやすみなさい<(_ _)>

2006/05/05

次は世界チャンプ

昨日は体調コントロールのため、二日続きの好天も我慢の子。
今日、天気が良ければ、阿武隈川沿いの菜の花を見に行く予定でしたが、
すっかり曇ってしまった空を見上げ、行くのを中止しました。
真っ青な空を入れて、菜の花の写真を撮りたかったもので。

夜は楽しみにしていたボクシング、亀田兄弟の試合をTV観戦。
ボクシング中継と言うより、ショー的要素が強い番組構成には?でしたが、
まあ、エンターテイメントとして楽しめました。

お兄ちゃん興毅は、いよいよ世界チャンピオンへ挑戦とのこと。
この勢いが本物かどうか、とても楽しみです。
続く兄弟にも頑張ってもらって、三人揃ってのベルト姿が見たいものです。


さてさて、J2リーグは、息つく暇もなく、明日から二順目に突入!
ベガルタは、なんと最初の4試合が一巡目未勝利の4チームとの対戦。

明日の相手は、一巡目2敗を喫したうちの一つ、湘南です。
是非、リベンジして、弾みをつけましょう(^_^)v

2006/05/03

パステルカラーの中で

陶芸店と桜

いや~、ほんとにいいお天気でした(^^)
あまりにいいお天気だったので、ぶらりとドライブ。

我が家から国道286を西へ15分ほど走ると秋保温泉郷です。
温泉街を抜けちょっと奥に入ると、そこはもう大自然の中。

名取川が流れる渓谷沿いに、地元陶芸家の作品を展示販売する
山小屋風のお店があります。

そこへは、道路脇の駐車場から、渓谷沿いの坂道を下ります。
坂道は結構急なので、車いすでの自走はちょっと無理。
家内と娘が後ろから引っ張りながらブレーキ役です。

日差しはポカポカですが、沢からの風が冷たく寒いくらい。
店の中に入ると、まだ暖房がはいっていたようでした。

一厘の桜が描かれた、ちょっと素敵な湯飲み茶碗があって、
家内と「欲しいね・・・」と言って、値札をひっくり返します。
次の瞬間、顔を見合わせ、その湯飲みを元に戻しました^^;

店の前に桜の木があり、まだ花を付けていました。
時折、風に舞う桜吹雪がとても綺麗でした。

周りの木々は新芽も芽吹き始め、パステルグリーン。
もう少ししたら新緑が綺麗でしょうね。


さてさて、いきなり話は変わって、我等がベガルタ。
今日は、第1クール最後の試合、札幌戦でしたが、
結果は惜しくも1-1の引き分け。

カーラジオで聞いていましたが、かなり押されていた模様。
そんな中での先制でしたので、「よしっ!」と思ったのですが・・・
ロスタイムで追いつかれた時は、ガックリでした。

負けたわけではありませんが、あと1分耐えればというところ、
選手たちのショックはどうだったのでしょうか。
これで、ここまでの良いリズムを崩さなければいいのですが。

ただ、3日後には第2クール突入です。
時間もありませんが、気持ちを入れ替えて頑張って欲しいです!

FORZA SENDAI!!

2006/05/01

虫歯じゃなかった(^.^)

予約していた歯医者の日が、遂にやってきてしまいました。
昨夜から憂鬱でしょうがありませんでした^^;

担当の先生に問診で状況を説明、まずはレントゲンを撮ることに。
ところが、写真では化膿している様子がないとのこと。

或いは虫歯ではなく、歯茎の状態からくるものではと、
細かくチェックしたうえ、手入れをして様子を見ることになりました。

どうにか歯槽膿漏などにはなっていなかったようで一安心。
でも、歯垢除去のお手入れが結構痛かったです・・・
いまでも少し頭痛が・・・・・・(ToT)

あとは、1ヶ月様子を見て、サイドチェックするとのこと。
まずは治療に通う必要がなくなって、ホッとしました。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ