« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の19件の記事

2006/08/27

ソニー仙台vsNECトーキン

昨日までは結構元気で鳴いていた蝉たちですが、
今日は殆ど泣き声を聞きませんでした。

日が落ちると窓を開けっ放しでは寒いくらいです。
あちこちからコオロギの声が。秋ですね。。。

日中、天皇杯県予選決勝、ソニー仙台vsNECトーキンをTV観戦。

延長戦の末、ソニー仙台が3-2と逆転勝ちしましたが、
草野さん@NECや平間さん@SONY他、ベガルタOBも何人か出ていて、
なかなか興味深く、内容も面白い一戦でした。

格上ソニー相手に見事先制し、一時は2-0としたトーキン。
必死の反撃で追いつき、10人の相手とはいえ見事逆転のソニ仙。

その10人になりながらも最後まで戦い抜いたトーキン。
特に足を痛めながら交代枠を使い切ったため交代できずに
それでも最後まで走り回ったトーキンの選手(確か24番)は、
本当にナイスファイトでした。

負けたらこれで終わりというトーナメントゲーム。
両チームとも勝利への執念が感じられる好ゲームだったのでは。

リーグ戦残り14試合、ベガルタもプロとしてのプライドを持って
トーナメントのつもりで挑戦してほしいです!

心の中にまで秋風が吹くのは、まだ寂しすぎますので。

2006/08/26

暗い週末・・・(ToT)

J2第36節 モンテディオ山形 1-0 ベガルタ仙台

結果にも(想像ですが)内容にもがっかりです・・・・・・
横浜戦後の期待感はどこへ・・・

一週休み、何とか建て直しを! 

意地を見せてくれー!!

希望をなくすなー!!!

FORZA VEGALTA SENDAI!!!!!

2006/08/24

Re:勝利or勝利!

J2第35節 ベガルタ仙台 1-1 横浜FC

昨日のエントリーのとおり“勝利or勝利!”、勝点3必須の一戦。
コアサポ席にも“勝点3以外認めない!”の横断幕が。

しかし堅守横浜FCを崩しきれずに、後一歩のところでドロー・・・
神戸も勝ったので、結果だけ見れば本当に残念でなりません(ToT)

でも、内容は、今後の可能性を感じさせるとても素晴らしい試合でした。
期待した梁も熊林とのコンビで中盤を活性化させていましたし、
菅井、磯崎の両SBのバランスも良かったのではないでしょうか。

そして何と言ってもサポが待ち望んでいた大柴の復活!
後半20分、大柴がピッチに入った時の大声援、超凄かったです!!

まだけっして100%ではないでしょうが、ボールを持った時は勿論
スペースへの飛び出しとかオフザボールの動き、もう流石です(^o^)

勝点3は取れませんでしたが、なにかとプラスになる要因も多かった
昨日のようなサッカーが出来れば、まだまだ諦めるわけにはいきません!

2006/08/23

勝利or勝利!

ベガルタは、今夜これから、現在2位の横浜FCと対戦。

“1巡目の第11節山形戦(4月22日)以来、7位以上のチームから
 白星を挙げていない”<8/20河北新報より一部抜粋>

その上位との負けられない一戦です!
勝てば勝ち点差「3」に縮まり、負ければ「6」に広がります。
(ベガルタが1試合少ないので、実質「6」の「9」)

スタメンを4人入れ替えて望むとのこと。
中でも8試合ぶりのスタメンという梁に期待です!!

“「多少、自分のポジションを崩した動きをしないと相手は崩せない」
と承知している。動きの少ない前線を活性化するために、
90分間走り続ける覚悟だ。”<8/23河北新報より一部抜粋

2006/08/21

両校にお疲れさま、そしてありがとう!

早実 4-3 駒大苫小牧 早実、初優勝オメデトウ!
ワンちゃん(王監督)もどんなに喜んでいることでしょう(^.^)

今日も本当に見応えのある好試合でした。
昨日に引き続き、両投手を中心とした真正面からのぶつかり合い、
最少得点差で決着はつきましたが、どちらにも勝たせたかった。

両チームの皆さん、お疲れさま、そして本当にありがとう!

2006/08/20

甲子園決勝 熱闘引き分け再試合

凄い、凄すぎます! 本当に見応えがありました(^^)

今年の大会に多い、逆転、再逆転という点の取り合いの
ミラクルな試合じゃありませんでしたが、
斎藤@早実vs田中@駒大苫小牧の素晴らしい投手戦。

宮城大会決勝の佐藤@育英vs高山@東北の投げ合いと言い、
一夏にこんな素晴らしい投手戦を二度見れるなんて!

15回表ツーアウト、駒大4番本間君vs早実エース斎藤君。
球速148km、斎藤君渾身の投球、鳥肌が立ちました。

その裏、今日の勝がないと分かっていながらも
闘志溢れる投球で見事抑えきった田中君。

勿論、両投手を盛り上げる両チームの選手たちも凄い!
本当に感動一杯の一戦でした!!

再試合、昭和44年の青森三沢vs愛媛松山商以来だそうですね。

再試合で決着をつけなければならないなんて
なんだか残酷な気がしてきました。

もう、両校とも優勝旗を持たせてあげたいです。

PS.女子バレー ワールドGP、やっぱりブラジル強かった・・・
 ここで崩れずに、韓国ラウンドも頑張れー!

2006/08/19

どうして? 1-3

ベガルタ仙台 1-3 コンサドーレ札幌

監督会見もまだでていないので内容が分かりませんが、
後半10人の札幌に1-3の完敗(ToT)

3失点は今季初めてでしょうか?

上に離され、対戦相手の札幌の息を吹き返させる・・・
サポもメンタル強化を求められている?

水曜日(横浜FC戦)に向け、切り替えねば!!

2006/08/18

俺らの誇り 岩本輝雄

やっとテル復帰の可能性が出てきたようです。

“ピッチ離れ2年、タレント活動
 元代表・岩本 福岡で復帰 J1残留「切り札」期待”(西日本新聞)

2001年、私たちをJ1に連れて行ってくれた黄金戦士の一人テル。
2003年J1 2ndステージジェフ戦では、あのオシム監督を驚かせた
驚愕の超ロングフリーキックでのゴール、忘れられません。

多くのベガサポの心をつかんだテル。
そしてテルも“引退は仙台で”とまで言ってくれ、
仙スタ(現ユアスタ)を、チームを、そしてサポを愛してくたテル。

だから正直ちょっと複雑な思いがします。

でも、折角のチャンス、ガッチリつかんでほしいものです。

2006/08/17

Good job 寿人!

昨夜のオシム・ジャパン初の公式戦、フラストレーションの溜まる一戦でした。
前半終了間際、三都主がショートコーナーを選択した時にはもう・・・・・・

後半、羽生が入って人もボールも前半より動くようになりましたが、
阿部の1点がなかったらどうなっていたことか。

一方、心の中では“早く寿人出てこーい!”と叫び続けてました。
それにしても相変わらず痺れさせてくれます!
9分間できっちり結果を出してくれるのですから。

そして、ツインズ出場オメデトウ!
ポジションは違いますが、兄弟張り合って、代表定着目指してください!!

2006/08/14

高校野球版みちのくダービー

昨日の仙台育英、山形日大に負けてしまいました。残念(ToT)

小生、今はサッカーにはまってますが、昔は野球少年だったんです。
甲子園も目指したことがありますが、高校1年ですぐ挫折・・・・Orz
あの頃を振り返ると、頑張って続けてりゃ良かった・・・と、後悔したりします。

おっと、自分の事はどうでもいいんですが^^;
育英のエース佐藤君、予想外の失点でした。やはり疲れもあったのかな?
これまで堅かった守りもちょっと綻びを見せたりして・・・
攻撃で逆転の機会も何回かあったのですが、本当に惜しかった。

でも佐藤君は2年生とのこと、この経験を生かして来年も頑張れ!!

さて、高校野球のリベンジ! ほぼこじつけですが・・・^^;
8/26山形ベスパでのアウェイ、ベガルタvsモンテディオ戦、
こちらのみちのくダービーは負けるわけには行きません!

頑張れベガルタ仙台!!

2006/08/13

頭が下がるサポの行動力

Himawari
ペンタブレットの練習に落書きばかりしていましたが、
ようやく作品らしいのができました。
残暑見舞い用に画いたひまわりのカットです。
作品らしいといっても、まだまだ修行が足りませんね^^;

ところで昨日のエントリーでもちょっと触れましたが、
昨晩のコアサポが中心となったスタジアム一体となっての応援。
あらためて本当に素晴らしかったです。
Supporter

最近のホーム勝なし続きの影響もあって、選手個人まで非難する
野次怒号など、スタジアムの雰囲気悪化を耳にしていましたので、
実は試合の結果と合わせてそれがとても心配でした。

あの素晴らしい応援実現の影にサポの大変な努力があったのですね。
情けなくも時間ぎりぎり到着の管理人は気づきませんでしたが、
開場時間前から応援マナーなどを訴えるチラシが配られたり、
観客席の椅子に張られていたりしたそうです。

 *J'sゴールのフォトニュースより
  “必要なのは心の声援
    周りを不快にする汚いヤジはいらない”
  http://www.jsgoal.jp/photo/00016400/00016498.html
  http://www.jsgoal.jp/photo/00016500/00016501.html
  http://www.jsgoal.jp/photo/00016500/00016503.html

想いを行動に移す! そんなサポの方々に頭が下がります。

“雨降って地固まる”

きっとそんな努力が報われ、チーム、スタッフ、サポーター一同の
夢がかなう日がきっと来ることでしょう。

それは、2007年Jリーグ・デヴィジョン1開幕の日でありますように!

2006/08/12

7試合ぶりのホームの勝利!

ベガルタ仙台 3-1 水戸

行ってきました。6/24山形戦以来、久々のユアテックスタジアム。
昨日の天気予報では「雷雨に注意!」とのことで心配しましたが、
曇り空ながら雨、雷は落ちてくることなく一安心。

そして遂にやりました!
6/3徳島戦以来、7試合ぶりの待ちに待った、ホームでの勝利!!

今日は息子が急用ができたので、家内の母が急遽参戦決定。
前回、初参戦の時は、6/17、札幌に0-2で完封負け・・・
あの時はゴールすらできませんでしたが、3回もベガルタのゴールを、
そしてなにより勝利の喜びを味合わせてあげられ本当に良かった(^o^)

ボルジェスの2得点(もうちょっとでハット、惜しかった)は勿論、
途中出場関口のホーム初ゴールが超嬉しかったです!
失点した前後、ちょっとリズムが悪く心配しましたが、
初出場の丸山そして池田両センターバックも頑張ってくれたし、
ゴールはなかったものの中島も良かったと思います。
みんなの頑張りで勝ち取ったの勝利ですね

みんな頑張ったと言えばサポーター! 素晴らしい応援でした!
スタジアムに到着し車から降りたのが、18:20頃。
その頃から応援が始まり、試合終了までほぼノンストップ、
いつも以上に力の入った応援で選手をサポートしていました。

さあ、もう“ホームが鬼門”なんて言わせない!
次のこれまた“鬼門”と呼ばれる厚別での札幌戦。
しっかり勝利して、8/23、2位の横浜FCを迎え撃ちたいものです。

2006/08/08

仙台七夕 祖母が作った竹飾り

Tanabata

昨日の夕方、仙台放送のローカルニュースを見ていたら、
7/24のエントリー“夏は来る?”で話題に取り上げた、母の実家の七夕が
紹介されていました。

仙台七夕の伝統的な飾りには、次の7つがあります。
(1)色紙短冊 (2)紙の着物 (3)折鶴 (4)巾着 (5)投網 (6)屑籠 (7)吹流し

これらは、言わば“仙台七夕の七つ道具”で、それぞれに意味があるんです。
興味のある方は、下のサイトを是非ご覧ください(^.^)

(参考)仙台七夕公式HP “仙台七夕の特徴”・“仙台七夕飾りの作り方

母の実家では、永年この伝統を守って竹飾りを作り続けてきています。
今年3月には、その伝統を守り続けてきた一人である祖母が亡くなりました。
今回叔父や叔母は、その祖母の心を・・・と、祖母が戦前に作ったという紙の着物を
今年作った新しい飾りとともに飾りました。

テレビでは、その着物がエピソードとともに紹介されたのです。
小生はその着物を見て、幼い頃からの祖母の想い出に目頭が熱くなりました。

Kamino_kimono

今日は仙台七夕最終日。
家内と一緒に祖母の作った着物を目に焼付けにいってきました。
紙の着物は、60年の時の流れを感じさせないほどとても綺麗で、
叔父たちも本当に大事に保存していたのだなあと感動。

祖母も星空の上から、きっと喜んで見てくれていることでしょう。

2006/08/07

ベガルタ、神戸へ短冊の願い届かず。

昨日から仙台七夕祭りが始まりました。と言っても明日が最終日ですが。。。
毎年、ベガルタ仙台・市民後援会によるベガルタ七夕も飾られています。
短冊にはスタジアムで書き込まれた沢山のサポの願いが。

昨日はそんな願いも届かず、神戸との大事な一戦を勝利できませんでした。
J1昇格と言う点だけを考えると敗戦=収穫ゼロかもしれません。

でも、本来のボランチで初先発の富田、監督の評価も高かったようですね。
途中出場の関口や中島の若手もいい動きを見せてくれたようです。
これからはそのような若手の可能性に期待し、楽しみに見ていきたいです。

話は飛んで、夏の高校野球甲子園も始まりましたね。

今日の第3試合、宮城大会決勝の熱闘から中5日での初戦となった仙台育英。
選手たち、特にエース佐藤君の疲れが心配されました。
しかし、そんな心配をよそに徳島商業に5-1で見事に勝利!

次は日大山形。早くも東北勢がぶつかってしまうのは勿体無いですが、
好勝負になるよう頑張ってほしいです。

2006/08/05

ペンタブレット

先月末に注文していたペンタブレット・WACOMのintuos.3がやっと届きました。
そのうちゲットしようと思っていたソフトが付いたお買い得限定商品です。

きれいに梱包されていて、何だか開けるのがもったいない^^;
なんて言ってないで、どんどん活用しないと。
Wacom_intuos3

目的は主に画像補正ですが、水彩調のブラシなどが使えるソフトもついているので、
できればイラストも描いてみたいなと思っている次第です。

果たして不器用な小生に使いこなせるか・・・

2006/08/04

国際車いすテニス大会 SENDAI OPEN 2006

連日30℃超え。朝の天気予報では34℃とか言ってましたが、
いったい何度まで上がったんでしょう・・・

そんな猛暑の中、「第12回国際車いすテニス大会 SENDAI OPEN 2006」が、
仙台市泉総合運動場テニスコート並びにシェルコムせんだいを会場に
すぐ北隣りにベガルタの練習場、西隣にクラブハウスがあります
今日から6日(日)まで3日間の予定で行われています。

Sendai_open06

車いすテニスは、基本的にツーバウンドでの返球が認められるほかは
一般のテニスとなんら変わらないルールで行われます。

本大会は、北関東以北で国際テニス連盟(ITF)の公認を受けた唯一の国際大会です。
例年、北は北海道、南は九州まで全国各地から国内ランキングの上位かつ
国際ランキング保持者も含めて、総勢100名前後の車いすテニスプレーヤーが、
参加しています。

お近くの方は、是非、観戦されてはいかがでしょうか?
トッププレーヤーは、健常者の方顔負けのプレーを見せてくれますよ。


管理人はいつものデザイン講習終了後、ゆでだこになることを覚悟で
その会場へ向かいました。

実は、昨年までほんの少しですが、大会事務局のお手伝いをしていました。
今年は何のお手伝いもできなかったので、励ましにもならないでしょうが、
どうしても初日である今日、顔だけでも出したかったのでした。

案の定、2時間程いて帰る頃には顔は真っ赤でもうへろへろ・・・
500mlのスポーツドリンクのペットボトルを飲み干し、
普段は苦手でめったにつけない車のエアコンもガンガン。
約40分ちょっと掛けて家に到着した頃にようやく落ち着いてきました。

でも、久しぶりに会ってみんなと話もできたし、行ってよかったです(^.^)

大会期間中天気は持ちそうですが、猛暑も続くようです。
選手、スタッフの皆さん、無事故で無事大会が終了できますよう、
そして思い出に残る素晴らしい大会となりますよう!!

2006/08/03

真夏の夜のフィギュアスケート

梅雨が明けたと思ったら、いきなり30℃超えでした。
そんな真夏の夜にフィギュアスケートも涼しげでいいですね。
先ほどまで「ドリーム オン アイス 2006」の録画放送を見ていました。

メダルがかかった競技をハラハラしながら見るのもいいですが、
エキシビションをリラックスして見るのがやっぱり好きです。

競技だと性格の悪い管理人は、自分が応援している選手の
ライバルの失敗に思わず“よっしゃー!”なんてことも・・・^^;
今日は純粋に演技の素晴らしさを堪能できました(^_^)

荒川選手、久々のイナバウアー、やはり感動しました。
そして後継の選手たちの活躍も楽しみですね。

ところで、浅田真央ちゃんの顔が長州小力に見えてしまうのは、
寝ぼけた管理人だけでしょうか・・・^^;

2006/08/02

亀田勝つ&梅雨明け

5/5のエントリー“次は世界チャンプ”でも話題にしましたが、
亀田興毅が今日のWBA・Lフライ級タイトルマッチで判定勝ちし、
遂に世界チャンピオンの座に登りつめました。

対戦相手の同級1位ランダエタは、実に上手く賢いボクサーでした。
初回に亀田がダウンを取られ、その後盛り返した時には“倒せるぞ!”と、
思ったのですが、後一歩のところでかわされ、逆にパンチを貰う。
11回には危ない場面もあって、正直、“判定では無理か”と・・・
しかし、ジャッジは2-1で亀田判定勝ち!

すっきりKOで決着がつけば良かったんでしょうが・・・
でも、人気はあるが、一部では相手を侮辱するようなパフォーマンスや
これまでの対戦相手の実力云々、時期尚早などの声も上がっていたので、
この苦しんで得た勝利の経験は亀田にとって良かったんじゃないでしょうか。
この経験を肥やしにして、本当に強い真のチャンプを目指してください。

話はとんでもなく飛びますが、東北地方も今日ようやく梅雨明けです。
三本木のひまわり、今年は見に行きたいなぁ。

2006/08/01

49番目の代表校

第88回全国高校野球選手権宮城大会決勝戦は、東北と育英の2強対決。
昨日は、両校一歩も譲らず延長15回 0対0のスコアレスドロー。
何と再試合は、県大会史上初だそうです。

その再試合は、6対2で仙台育英が勝って甲子園のキップを手にしました。
最後に点差は開いてしまいましたが、決勝戦に相応しい好ゲームでした。
昨日からの熱闘を思うと、どちらにも勝たせてあげたかったです。

育英のエース佐藤君は昨日と合わせると350球を超える投球数。
見た目はほっそりとしたあの体のどこにそんなパワーが潜んでいるんでしょう?
精神力も強いんでしょうね。甲子園でもやってくれるのでは。

全国で49番目と最後に名乗りを上げた仙台育英。
是非、甲子園からも最後に帰ってきてほしいです!

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ