« 小さな芽から大木へ | トップページ | 久々のアナログ盤 »

2006/11/23

ロスタイム執念の勝利!

ユアスタ上空の青空と白い雲
昨夜の予報では、曇りで最高気温が8度と寒い一日と。。。
しかし確かに気温は低いながらも、よく晴れて気持ちのいい青空。
大気が澄んでいるせいか、白い雲とのコントラストがとても綺麗です。

晴れている分、気分的にはさほど寒さは感じない模様。
しかし念には念を入れて、セーターの上にフリースのプルオーバー、
その上に綿入りのジャケット、そして肩にはカイロを2枚。
かなりの重装備でスタジアムに向かいました^^;

試合の方も、スタジアム上空の青空のごとくスッキリと、と行きたい所。
しかし前半は、12分に熊林のフリーキックからロペスのヘッドで先制、
そして終了間際の中島のゴールで2-1とリードするものの、
湘南の方が人もボールも良く動くいいサッカーをしていたようでした。
湘南1点目のアジエルのゴールもサイドを崩され、揺さぶられていました。

危ないなと思っていたら、後半早々にまた同じような形でアジエル2点目。
嫌な雰囲気が漂う中15分過ぎ頃、ボルジェスと熊林に代わって大柴と梁。
(ボルジェスどうしたんでしょう? 今日は調子が悪かったようです)
そここからベガルタの方もボールが回るようになり、いい形も。

しかし時間は刻々と過ぎ、とうとう3分のロスタイムへ突入。
正直もうダメかと思ったら、菅井の目の覚めるようなミドルシュート!
スタジアムは一気に歓喜の渦に包まれました!
そして直後に今度は中島の止めの一発!!

今季、大事なところでロスタイムに何度かやられた記憶がありますが、
もしかしてロスタイムに試合を決めたのは、今季初めてでしょうか?
このような勝ち方が、早くからできていればなぁ・・・

来季に向けて、内容的にも90分通してのいい戦いを期待していましたが、
そういう意味ではいま一つといった所かもしれません。
しかし、最後まで諦めず戦う気持ち、勝利への強い執念が感じられました。

引き続き後2戦、来季に繋がるような希望の持てる戦いを期待したいです。

« 小さな芽から大木へ | トップページ | 久々のアナログ盤 »

ベガルタ・楽天・89ERS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96019/12799208

この記事へのトラックバック一覧です: ロスタイム執念の勝利!:

« 小さな芽から大木へ | トップページ | 久々のアナログ盤 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ