« 今シーズンはまだ終わっていない | トップページ | 庭の紅葉 »

2006/11/19

アール・サウンドを満喫

今TSUTAYAで、レンタル半額キャンペーン中とか。
昨日、息子たちが借りたいものがあるので行って来ると言うので、
前から聞きたいと思っていたCDを借りてきてもらいました。
それは、アール・クルーの“フィンガー・ペインティング”です。

アールはフュージョン系のギタリストです。
しかし、エレキギターではなく、ガット(ナイロン弦)ギターを、
指で奏でるという奏法をとっています。

アールの名前を聞いたことがない方でも、きっとテレビやラジオで、
彼の演奏をよく耳にされているのではないでしょうか。

リズミカルなエレクトリックピアノやベース、ドラムスなどの伴奏に
歌うがごとく奏でられる心地よいアールのギターサウンド。
風に揺れる野の草花などの映像のBGMにはぴったりかと思います。

うん十年前に会社の先輩にダビングしてもらったアールの曲の中に、
とても気に入っていた曲(曲名は忘れました^^;)があったのですが、
いつのまにかテープがどこかへいってしまいました。

そこで、いつかCDをゲットしようかと思っていたのです。
確か“フィンガー・ペインティング”の中の曲かと思っていて、
昨日、それを試しに借りてもらったのですが・・・
どうやら記憶違いだったようです・・・Orz

今朝、朝食中に“聞きたかったなぁ・・・”なんて話をしていたら、
午後から家内がモール長町に買い物に行った際にCDショップで、
『BLUENOTE 決定盤1500』シリーズBNLA編の限定般の中から
アールのものを2枚見つけて買ってきてくれました。
(勿論、私の小遣いから天引きだそうですが・・・^^;)

それは“リヴィング・インサイド・ユア・ラヴ”と“瞳のマジック”。
“リヴィング~”は1976年、“瞳の~”は1977年のリリースで、
“フィンガー~(1976年)”と同時期(デビュー間もなく)のもの。

それでも結局、残念ながら聴きたかった曲は入っていませんでした。
しかし、3枚のアルバムで心地よいアールのサウンドを満喫。
至福のひと時を過ごせました(^.^)

ちなみに、PCで検索していたら視聴できるサイトを見つけましたので、
そのうちゆっくりそのお気に入りの曲を探してみようかと思います。

« 今シーズンはまだ終わっていない | トップページ | 庭の紅葉 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96019/12751383

この記事へのトラックバック一覧です: アール・サウンドを満喫:

« 今シーズンはまだ終わっていない | トップページ | 庭の紅葉 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ