« 大分挽回 | トップページ | Country Road 07-08 »

2008/02/09

バーチャルじゃなかった

もう大丈夫かと思って、昨日の朝で抗生剤ストップ。
そうしたら、今日はちょっと怪しい?

不調時に出る痺れの強さが戻ってきたようです。
特に両足先と両方付近が氷に浸かっているよう。

昨日調子が出てきたWebページ作成もややブレーキ。
昨晩、飛ばして10時半頃まで頑張ったのですが。
あまり調子に乗るなと言うことでしょうか。。。

今日は早めに休んで、明日仕切りなおしです。

その前にちょっと気分を変えて・・・

Windows XPの標準壁紙、あの美しい草原。
綺麗な絵だなぁ・・・と、思っていたら、
あの風景は実在するらしいのです。

CGじゃなくて実写だってホント!? Windows XP標準の壁紙「草原」 あの丘はどこにあるの?

そこは、米国カリフォルニア州のソノマバレー。
カメラマンであるチャールズ・オレアさん撮影とか。

オレアさんの公式サイト“wineviews.com”があり、
そこで別バージョンの草原の風景も見られます。
その他にも綺麗な写真が沢山。

あの癒される風景が実在したと聞いて、
ちょっと嬉しくなってしまいました。

実際にあの草原に寝転がって青空を眺められたら
どんなに幸せなんだろう。

« 大分挽回 | トップページ | Country Road 07-08 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

チャトラさん、こんにちわ。

最近、色々と大変なご様子ですが、くれぐれもお大事になさって下さいませ。

Jリーグの開幕まで、もうあと1ヶ月を切りましたけど、私の方は現時点では、まだ気持ちに変に余裕があるとでも言うのでしょうか、その気になっていないものの、いざ開幕となれば、今年もまたワクワク、ソワソワの気分になると思います。
もしよろしかったら、廃れた場末の酒場みたいな所ですが、私の所でたまにはベガルタの事でも、他の事でも、何かお話を。
って、管理人自身が、自分の所でありながら、しょっちゅう留守にしているといういい加減な人間ですので、閑古鳥が鳴く事があったりと、実にパッとしない所ですけど(^_^;)。

まぁ、お互いにマイペースで、ボチボチ、行きましょう。
それでは、また(^_^)。

スコッチ刑事さん、こんにちは。
度々ご心配をお掛けし申し訳ありません。

今年の地元テレビ各局のキャンプ情報は、
ほぼ楽天オンリーになってしまいましたangry
新聞ではほぼ毎日採り上げてくれていますが、
映像がないと今一つ盛り上がりませんdespair
あと約一月待ち遠しいです。

新加入のチャトラ一押し期待の佐藤選手、
そして中原選手も大分好調のようですので、
ここでひとつ気分を盛り上げるためにも
そろそろ書かないとダメですねcoldsweats01

スコッチ刑事さん宅にもご無沙汰してます。
またお邪魔させていただきますね。

チャトラさん、こんにちわ。

私の所にも、お出で下さいまして、ありがとうございます。

>今年の地元テレビ各局のキャンプ情報は、
>ほぼ楽天オンリーになってしまいました
>新聞ではほぼ毎日採り上げてくれていますが、
>映像がないと今一つ盛り上がりません

そうなんですか。
地元・仙台では、仙台のじゃなかった(^^;)、先輩のベガルタが後輩の楽天に、サッカーが野球に追い抜かれてしまった形になっているとは。
こちら広島の場合、野球=カープの方が、サッカー=サンフレッチェより、歴史があるのですから、わからなくもないのですけど。
どこの地域も、まだ、歴史が浅いサッカーJリーグよりも、ここ数年間で人気が落ちたとは言え、プロ野球の方を優先しているのでしょうかねぇ・・・(けしからん!-o-)
ベガルタの場合、やはり、早くJ1に昇格・復帰しなければならないという事なのかも。

佐藤由紀彦は、一昨年のシーズン、ライヴァルチームの柏の選手だったのが(シーズン途中に、清水から移籍)、今季はベガルタの一員ですよね。
昨季の途中に移籍して来た岡山と同様、あの頃は、将来、ベガルタのユニフォームを着る事になるとは思っていませんでしたが、今季は我らのチームがJ1に昇格する為、暴れ回ってほしいものです。
中原は、一昨年のシーズンに新潟でプレーしていた時の事を思うと、正直、昨季は期待外れに終わった印象ですけど、今季は新潟時代のように、否、それ以上に活躍してくれるようにと願っています。
私はまだスタジアムでの観戦で、中原を1度も観た事がないので(2005年7月の徳島戦の時には故障の為に長期欠場中で、昨年7月のセレッソ戦ではベンチ入りしていなくて)、今季は初めて生で勇姿を目にしたいものです。

宮崎キャンプでは、故障の中島が復帰し、北朝鮮代表に選ばれてチームを離れていた梁も合流しましたね。
梁は14日に再び、チームを離れ代表として北京に行くそうで、大変なスケジュールですが、コンディションを崩さないようにして、開幕を迎えてほしいものです。
選手全員がキャンプで十分にコンディションを整え、万全の体勢で開幕戦に臨んでくれる事を願っています。

ところで、昨日のこちらの地元紙「中国新聞」に載っていたのですけど、トルコでキャンプをしている広島は、7日に行なったポーランドのポズナンとの練習試合で、怪我等で選手が足らなくなった為、急遽、元ベガルタの森保一コーチが、臨時に現役復帰という形で出場したのだそうです(もう1人、広島ユースの佐藤一樹コーチも)。
森保コーチの当たりの厳しさは健在だったそうですが、感想を聞かれた森保さん自身は、「恥ずかしい!」と言われたとか(^o^;)。

昨日か一昨日のニュースで報道されていましたけど、仙台方面はかなりの降雪量だったようで、そちらはずいぶんと寒いのでしょうね。
ご健康には、くれぐれもご留意なさって下さいませ。

これから、私の所に行く予定ですので、それでは、また!(^_^)

スコッチ刑事さん、こんにちは。

仙台ではバスケットも加わってのプロ3球団、
それぞれ盛り上がっていけば嬉しいなと思うのですが、
これだけメディアの扱いが違うと“何だかな~”と。
経済効果なんかも野球>サッカーなんでしょうかね。

一部のネット上では笑いものになっていたようですが、
監督の“5年でJ1タイトル、そしてアジア、世界へ!”
という夢を是非実現していきたいですね。

“笑いたいやつは、勝手に笑ってろpout”てな感じです。

由紀彦選手は、山形の前身NEC山形時代に才能を開花。
その時代は知りませんでしたが、ベガルタがJ1時代
FC東京の選手として二度対戦したのを覚えています。

当時は、テル(岩本選手)を右サイドにしたような
正確なキックが武器の攻撃的MFという印象が強いです。
その時から是非仙台に来て欲しいが無理だろうなぁ・・・
なんて思っていました。

中原選手は、今年こそ本当に活躍して欲しいですね。
昨年ももっと出場機会があれば結果を出せたと思います。

梁は本当に慌しく、コンディションや連携が心配です。
でも大舞台を踏んだ経験を存分に生かしてくれるでしょう。

ポイチ(森保)さんの情報ありがとうございます。
懐かしいですね。元気そうで何よりです。
でも今年はどうぞお手柔らかにというか、
来年は一緒にJ1で戦いたいものですね。

それでは、また。

チャトラさん、こんにちわ。

>仙台ではバスケットも加わってのプロ3球団、
>それぞれ盛り上がっていけば嬉しいなと思うのですが、
>これだけメディアの扱いが違うと“何だかな~”と。

バスケットボールは、野球・サッカーに比べると、日本ではまだマイナーな存在ですよね。
こちらでは、もう大分前から、JTサンダーズというバレーボールのプロチームがあるのですが、正直、かなりのマイナーな存在で、地元紙での扱いも野球・サッカーに比べ、ずいぶん小さいですから、それを考えれば、サッカーはまだ恵まれている方だと思ってしまいます。
「中国新聞」のHPでも、カープとサンフレッチェのコーナーはあるのに、サンダーズのはありませんので。
ところで、仙台には、みちのくプロレスと女子プロレスのセンダイガールズという同じ系列の団体がありますけど(みちのくは、以前、盛岡に本社がありましたが)、地元では、どのような存在なのでしょうかね?
みちのくとセンダイガールズは、こちらのケーブルテレビのチャンネルに含まれているGAORAで、月に1回放送されていて、私はみちのくの試合が面白くて、去年の秋から毎月観ています。
仙台には結構、色々なスポーツ・イヴェントがあるようですから、私がそちらにベガルタの試合の観戦で行ったら、ベガルタ関係以外のもの、チラシを持ち帰ったりグッズを買ったりしてしまうのかも?(^o^;)。

“5年でJ1タイトル、そしてアジア、世界へ!”ですか。
正直、5年で実現できるかは「?」ですが、何れはそうなってほしいものですねぇ・・・
いや、考えてみますと、川崎が昨年、J1昇格3年目でアジアチャンピオンズリーグに出場しましたから、可能性なきにしもあらずなのかも?(・・)
先ずは、何よりも、今年こそ何が何でもJ1昇格!d(・O・)_P
私がベガルタを応援し始めてから、今年で満4年、5年目のシーズンになりますけど、未だにJ1昇格=復帰が実現していなくて(ホント、まさかこんなに長くJ2にいる事になるなんて・・・・o・;)、まだJ1未経験の私ですので、「頼むから、もうそろそろ、いい加減に昇格してくれよ・・・」(・o・;)と言いたいです(^o^;)。

ところで、よく考えてみましたら、今季は寿人とだけではなく、ポイチ(森保)さんとも敵味方に別れて相対する事に。
ベガルタのサポーターにとっては、ホント、複雑な気持ちでしょうねぇ・・・

「来年は一緒にJ1で戦いたい」は、寿人も同じ気持ちでいるようです(ポイチさんも同様ではないかと思いますが)。
実は、昨日、書店に行き、こちらで発行されている地元のスポーツ雑誌に目を通したら、寿人のインタヴュー記事が載っていたのですが、やはり、古巣のベガルタと相対する事については複雑な気持ちのようです。
こちらの雑誌がそうなのですけど、

http://sanfield.net/athlete/magazine.html
HPには記事の詳細が載せられていませんから、後日、購入してベガルタと対戦する事を述べた部分をご紹介したいと思っています。

それでは、また!(^_^)

スコッチ刑事さん、こんばんは。

みちのくプロレスは、メディアではあまり取り上げられていませんが、
根強いファンは多いのでは。

ガールズは、毎週土曜放送のフジ系仙台放送「スポルたん」で、
「仙女ブログ」というコーナーがあり、一押しされているようです。
先週の放送は、ベガルタよりはるかにボリュームが・・・^^;

ベガルタは、昨日の草津との練習試合で散散だったようですが、
今の時期、課題を焦らずきちんと修正していってほしいものです。

それから、地元情報誌のご紹介ありがとうございます。
考えてみると、こちらには地元の専門誌がないと思いますので
うらやましいですね。
岩手発専門誌はあるときいたことがありますので、
こちらでもそういうものが創刊されると嬉しいです。

チャトラさん、こんにちわ。

ベガルタ、草津との練習試合で負けたそうですね。
詳細はわかりませんが、「ベガルタ・マヴォイ 掲示板」を見た限り、観戦のレポートを記した人も、レスをした人も、現段階ではそれほど危機感を持たれていないように思えました。
これから、敗戦による問題点を克服して、開幕に臨む事が重要という事なのでしょうね。

昨日、寿人へのインタヴュー記事が掲載されている地元のスポーツ雑誌「広島アスリートマガジン」を購入しましたので、ベガルタ絡みの部分を抜粋し、ご紹介させていただきます。

――――――――――――――――――――――――――――――
広島アスリートマガジン 2008年2月号 P62~65
【J2優勝に向けて】
「エースの決意表明」佐藤寿人
※P65より抜粋


――J2では仙台とも戦うことにないますが、そのあたりの思いは複雑なのではありませんか。

寿人 そうですね。仙台のサポーターの人たちも、対戦するのはたぶん複雑だと思います。ただ仙台は仙台で昇格しないといけないし、そういう意味ではドライにやってくるはずです。拍手されるのはあまり嬉しくないし、むしろ思いきってブーイングを受けたいですね。あんな形でチームを出てしまったので、正直、「裏切り者」と言われてもいいくらいの覚悟は持っています。あの素晴らしいサポーターが、どれだけすごいブーイングをしてくれるか楽しみです。ただ広島に移籍してから仙台で戦うのは初めてになるので、実際に自分がどういう気持ちでピッチに入るのかは全く想像がつきません。それだけすごく雰囲気があるスタジアムですからね。その中で1つ言えるのは、点を取ってもたぶん喜べないんじゃないかな…と。仙台はプロとしての喜びを与えてくれたチームでもあるし、当然昇格して欲しいという気持ちもあります。僕たちが昇格して、仙台もいっしょに2009年をJ1で戦えるのが一番の理想です。そのためにも、まずは自分たちが上がることを考えていきたいと思います。

――最後になりますが、改めて2008年への意気込みをお願いします。

寿人 もう本当に優勝して、J1に戻ることしか考えていません。個人的なことで言えば、2004年に仙台で挙げた20ゴールを上回りたいと思っています。おそらくそれ取らないと優勝できませんからね。J2での優勝はタイトルにならないし、昇格することが一番だけど、やっぱり優勝して喜びたいんです。自分たちの力を見せつけるくらいの強い気持ちを持って、それだけのプレーをしっかり出したいと思います。
――――――――――――――――――――――――――――――

これを読むと、寿人の心境は複雑だと思われます。
確かに今は広島の選手なのですから、いつまでも過去の事に拘っていられず、プロとしては当然、現在の自分の所属しているチームを最優先に考えるべきで、寿人自身の中に存在しているベガルタに対する想いを敢えて押し殺しているのではないか?という気が。
はたして、ベガルタのサポーターは、寿人が言うとおり、ブーイングで迎えるのか、それとも・・・
私個人は、試合中はブーイングをしても、試合前にはベガルタ時代の応援歌で迎えてほしいと思っているのですがね。
せめて、5月にアウェイの広島で移籍後、初めて再会した時、そして、8月に仙台に凱旋した時にはそうしてほしいものです。

ところで、「広島アスリートマガジン」は、そちらの方でも、置かれている書店が2店ほどあるようです。
ジュンク堂仙台店と丸善仙台アエル店が取り扱っていると、同誌に記されていました。
また、お隣の山形県にも2店ほど取り扱っている書店があるとか。
他に、広島県以外で取り扱っているのは、同じ中国地方、四国、九州、関西、東海、関東と、結構、あちこちの地域の書店にあるようです。
地元・広島県では買う人が多いとしても、他の都道府県ではいったい、どれぐらいの購読者がいるのかわからず、「何故?」と思ってしまうのですけどね(地元の人間の私が言うのも、おかしなお話ですが^o^;)。
実はこの雑誌を購入したのは、今回が初めての事で、いつも立ち読みばかりの私なのです。(^T^;)ゞ
今でこそ地元の総合スポーツ雑誌になっているものの、昔はプロ野球の広島東洋カープ専門の月刊誌があり、売れ行きの関係だったのかどうかは知りませんが、気がついたら、いつのまにか姿を消してしまっていて、それに代わって、現在の総合雑誌が登場していました(14年前の9月が創刊になっていて、その時期、私はこちらにいませんでしたので、わからないのですけど)。

仙台には、サッカー=ベガルタ、野球=楽天、バスケットボール(すいません。バスケットには疎くて、チーム名を知らないのです・・・--;)、それに、ちょっとジャンルは異なるのかもしれませんけど、プロレス団体もあるわけなのですし、総合スポーツ雑誌が創刊されても良いのではないでしょうか。
そちらでも、創刊されれば良いですね。

今日は、このあたりで失礼させていただきます。
それでは、また!(^_^)

スコッチ刑事さん、こんばんは。
寿人の記事のご紹介ありがとうございます。
寿人も相当な覚悟で仙台に向かってくるでしょうね。

それなのに、今日の全国ニュース残念ですsad
何とか汚名挽回のために頑張らねばですね!

PS.プロバスケは、“SENDAI 89ers”
  (仙台エイティナイナーズ)です。
    http://www.89ers.jp/
   今季好調で、先輩のベガルタ、楽天よりも
   先に全国制覇するのではと言われています。


チャトラさん、こんにちわ。

仙台89ERSのHPのご紹介、ありがとうございます。
競技は違いますが、89ERSはベガルタや楽天よりも強いんですね。
そう言えば、私はバレーボールの事にも疎く(私って、そういうのばっかりですね--;)、あまり詳しくないのですけど、こちらでも、今はサッカーのサンフレッチェや野球のカープよりも、バレーのサンダーズの方が強いみたいです。

ところで、昨日、私はテレビのニュースを観ていなかったのですが、今日のこちらの地元紙にも、小さく記事が載っていました(皮肉な事に、普段からこちらではあまり報道してくれないのが、今回に限っては、却って幸いしたと言うべきなのか・・・)。
揃いも揃って、いい若いもんばっかりが4人も、この大事な時期に何をやってるんだ・・・(-o-;)という気持ちです。
別に、彼らを擁護するつもりはありませんけど、まだ、対象が車で人でなかった分だけ、少しぐらいは救われると言うべきなのかも?と、そのようにも思ってみるものの、ホント、酒の勢いで羽目を外して、馬鹿な真似をするなよ・・・と言いたいです。
ただ、すでに加害者側が被害者側に謝罪し、当事者同士の間では示談が成立しているとは言え、今回の球団の対応に対しては、「?」と思ってしまうところがありますね。
今回の選手たちに限らず、誰も皆、自分を見失ってしまうほど飲んでしまってはいけないという事で、人の振り見て我が振り直せではないかと。
辛辣な批判の方は、「ベガルタ・マヴォイ 掲示板」の方で、何人もの方たちが述べられていましたので、私はもうあまりそういう事は言いませんが、ただ、もし酔っ払って、今回のような器物破損ではなく、傷害事件を起こしていたら、どうなっていたのか?(現に、一昨年の夏、広島にいたブラジル人選手は酔っ払って傷害事件を起こした為、解雇されました)
あるいは、選手自身が怪我をして、チームの戦力に影響を及ぼす、それどころか、本人の選手生命に関わるような事にでもなっていたら?と思ってしまいます。
飲んではしゃぐのはいいですが、自分を見失うほど飲まないで、いい加減なところでやめにしておくよう、彼らやベガルタの選手のみならず、全チームの選手たちには各々、強い自覚を持ってほしいですね。
無論、一般人も。
今後、もしかすると、4選手に対してJリーグから、一定期間の出場停止等、何らかのペナルティが課せられるのかもしれませんけど、とにかく、もう2度と同じような過ちを犯さないよう、反省して出直してもらいたいものです。

今日はシビアなお話になってしまいましたが、またよろしくです(^o^;)。
それでは、また!(^_^)

スコッチ刑事さん、こんばんは。

甘いと思われる方もいると思いますが、自分も以前勤めていた会社では、大小多くのミスを起こしまわりに迷惑を掛け、そして助けられてきたダメな人間ですので、個人的には、4人についてはあまり追い込むようなことが無いようにと願ってしまいます。

ただ、あちこちで非常に厳しい意見も多く見られますね。それだけ多くの人々に期待され、支えられてサッカーが出来ているという自覚、そして心身両面の厳しい管理が必要とされるプロアスリートとしての自覚を胸に刻んで、精進していってほしいものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96019/40059734

この記事へのトラックバック一覧です: バーチャルじゃなかった:

« 大分挽回 | トップページ | Country Road 07-08 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ