« 胸が痛くなるようなある思い | トップページ | 紅葉、近場はまだですね »

2008/10/23

『マイ・フェイヴァリット・シングス』

ジョン・コルトレーンのCD『マイ・フェイヴァリット・シングス』

朝から厚い雲が垂れ込めていました。昨日と最高気温は変わらないようですが、やはり日差しがないと気分的に肌寒く感じます。

こんな時は、床に入る前の一時、ウィスキーグラスでも傾けながらジャズなど・・・う~ん、良いですねー(^^)

でも、お酒が強くない私は、ジャズだけで・・・^^;

今夜の一枚は、ジョン・コルトレーンの『マイ・フェイヴァリット・シングス』

【収録曲】
1 My Favorite Things
2 Everytime We Say Goodbye
3 Summertime
4 But Not For Me

【プレーヤー】
Elvin Jones (Drums)
Jimmy Garrison (Bass)
John Coltrane (Soprano &Tenor Sax)
McCoy Tyner (Piano)
Steve Davis (Bass)

タイトルになっている1曲目『マイ・フェイヴァリット・シングス』は、ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』の挿入曲。

『サウンド・・オブ・ミュージック』は、ジュリー・アンドリュース主演で映画化もされましたね。大昔、父に連れられて見たのを思い出します。

『マイ・フェイヴァリット・シングス』は、夜の雷におびえる子供達を和まそうと、ジュリー・アンドリュース扮するマリア先生が歌っていた曲。日本語のタイトルは、『私のお気に入り』となっていたようですね。

このアルバムでは、コルトレーンのしみじみと心に沁みるソプラノサックスがとても好きです。まさに『私のお気に入り』です(^.^)

皆さんのお気に入りはなんでしょうか?

さて、アルバムも終わったようなので、そろそろ休みます。

それでは、おやすみなさい。

« 胸が痛くなるようなある思い | トップページ | 紅葉、近場はまだですね »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96019/42884722

この記事へのトラックバック一覧です: 『マイ・フェイヴァリット・シングス』:

« 胸が痛くなるようなある思い | トップページ | 紅葉、近場はまだですね »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ