« 1月29日 心新たに | トップページ | 外はモノトーン »

2009/01/30

アンビリバボー「世界を変えた普通の女子高生」

090130

先週に引き続き、アンビリバボー。昨晩の第二話目「世界を変えた普通の女子高生」、感動しました。

第二次世界大戦時、ナチスによる虐殺の危機から多くのユダヤ人を救ったことで有名なのは、ドイツ人のシンドラー。そして日本人では、杉原千畝がいますね。

ところが、2500人ものユダヤ人の子供たちを命がけで救いながら、国家事情から歴史の中に埋もれてしまった一人のポーランド人女性がいたそうです。その人の名は、イレーナ・センドラーさん。

米国の女子高生4人が、歴史コンテストの研究テーマとして採り上げ、その知られざる真実を明らかにしたとのこと。

調べた中では、イレーナさんは、ナチスによって処刑されたとなっていました。ところが、イレーナさんは難を逃れ、生きていた。そして、2001年5月、4人の高校生は、ポーランドを訪問、91歳になっていた彼女に巡り合うことができたのです。

その後、イレーナさんは、2008年5月、98歳で天国へ召されたそうです。

「現在の情勢を見ると、大量破壊兵器の開発等で、当時より残虐化している。でも私は信じている。“愛”のほうが強い。最後には“愛”が勝つということを!(要旨)」
番組最後に流れたイレーナさんの言葉が印象的でした。

どうか、イレーナさんが信じたように、いつしか人間愛が暴力に打ち勝ち、全世界の人々が平和で幸せに満ちた生涯を送ることができる日が来ますように。

*奇跡体験! アンビリーバボーのHP
 http://www.fujitv.co.jp/unb/index2.html

« 1月29日 心新たに | トップページ | 外はモノトーン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96019/43905195

この記事へのトラックバック一覧です: アンビリバボー「世界を変えた普通の女子高生」:

« 1月29日 心新たに | トップページ | 外はモノトーン »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ