« 止まり木のクー | トップページ | いきなり 「渇!」 »

2009/01/13

今年の初読書「のらねこ。」を2冊

090113_01

昨年11月23日のエントリーでご紹介した、「猫ちぐら 東風庵」の主催者である中川こうじさん著のフォトエッセイ「のらねこ。」を読みました。

決して猫たちの可愛らしさに微笑むための本ではないと思います。中には、辛く、切なく、目を覆いたくなるような写真もありました。恥ずかしながら涙が出てしょうがなかったことも。

しかし、厳しい環境におかれながら、儚くも強く生き続ける家なき猫たちの姿を捉えた写真とエッセイに込めた、中川さんのメッセージ「命の大切さ」。とても感動しました。

実は、以前のエントリー“胸が痛くなるようなある思い”で触れましたが、小学生4~5年生の頃に家に迷い込んできた子猫がいました。

当時実家では、インコ、文鳥、十姉妹など、小鳥を何羽かかっていたのですが、度々猫に襲われていました。そんなこともあり、猫は嫌いだったのです。

その迷い込んできた子は、どういう訳か目やにで目が塞がったままでした。しかし、猫嫌いだった私は、その子猫を、家の近くにあった空き地の草むらに置き去りにしてしまったのです。

何と残酷なことをしてしまったのでしょうか。あの子は、その後どうなったのだろうか・・・思い返すたびに胸が痛みます。

時は過ぎ、14年前の初秋、かつて住んでいた宇都宮を家族で訪れる機会がありました。その際、訪問したお宅の隣の草むらに捨てられていた子猫を子供達が抱き上げ、「家で飼いたい!」と訴えてきました。

その時はまだ猫好きではなかった私。「うぅむ、大変なんじゃない?」と、拒否反応をしめしながらも、ふと昔置き去りにしてしまったあの子のことが頭をよぎったのです。

そして、その宇都宮の子猫は今、捨てられていた場所から250km離れた我が家の窓際で、日向ぼっこをしながら毛づくろいをしています。

振り返れば、昔置き去りにした子猫もクーと同じような虎だったような気がします。

今は、クーに出来るだけ元気に長生きしてもらうこと、それが昔置き去りにしてしまったあの子猫へのいくらかの罪滅ぼしになるかな・・・と思います。

中川さんの「のらねこ。」を読みながら、そんなエピソードを思い出しました。

現在、全国で年間に約100万頭もの猫たちが不幸な死を遂げているそうです。人間の勝手によって不幸になる猫がいなくなる時がくることを、願ってやみません。

「のらねこ。」は、猫好きな方だけでなく、猫が嫌いだと言う方にも是非読んでいただきたい本です。

「のらねこ。」の販売収益は、家なき猫たちのために使われるそうです。中川さんのサイトにもアフェリエイト・バナーがありますので、ご協力していただける方がありましたら、是非アクセスしてみてください。

 *中川さんのブログ“のらねこ。 (野良にゃん写真集)”

そう言えば、ずーっと気になっているのですが、夏の初めに出会った猫の親子は、いまどうしているのだろうか。

ここのところ最低気温が氷点下の寒い日が続いています。厳しい冬を初めて過ごす子猫たちは大丈夫だろうか。

どうか頑張って、暖かい春を迎えて欲しいです。

090113_01


いつでも里親募集中

NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

« 止まり木のクー | トップページ | いきなり 「渇!」 »

」カテゴリの記事

コメント

のら猫なんかみるとつい連れて帰りたく
なっちゃいますね
我が家では毎日のらさん一家に餌付けを
かれこれ6年以上しています
外は寒いんで迎え入れてあげたいけど
心筋症の子もいるしね

かつて転勤族だった時はその地域ごとに
餌付けをしてましたね
少しでも幸せを感じてもらえればとの
思いからでしたが
今頃どうしてるのかな?と今日のブログで
思い返しましたね。

★肉球おやじ★さん、こんばんは。
肉球さんも、のら猫さんたちの面倒を見続けていらっしゃるんですね。頭が下がります。

大分前、錦が丘の団地だったと思いますが、ある町内会で、猫の被害対策に、場所をきめての餌付けをしているというニュースを見ました。ただ、別の町内会では駆除派の意見が多く、調整に苦労しているとか。

そのニュースの中で、のら猫の平均寿命は、2~3年と、聞いたような気がします。聞き違いだろうと思いましたが、この本を読むと、本当に外で生きていく環境は厳しいのだなと。

のら猫たちが、幸せに暮らせるユートピアが、各地にあるといいのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96019/43729388

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の初読書「のらねこ。」を2冊:

« 止まり木のクー | トップページ | いきなり 「渇!」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ