« 通院の途中 5月編 | トップページ | 看護の日 »

2011/05/11

2か月

110511

東日本大震災から2か月が経ちました。もう2か月なのか、まだ2か月なのか。。。なんだか時間の感覚がつかめません。

ラジオで、いまだ行方不明の息子さんを探す毎日・・・という、リスナーの方のメールが紹介されていました。あの時から時計の針が止まってしまったままという方も、まだ多いのでしょうね。

思い起こせば、震災発生時から暫くは、音楽を聴く心の余裕もありませんでした。というか、震災関連情報以外、耳が受け付けませんでした。

音楽が心に凍み始めたのは、10日頬度経ってからだったでしょうか。

今日、久々にCDを注文しました。

4月20日にリリースされた、熊谷育美「雲の遥か」。

熊谷さんは、津波の被害が大きかった宮城県気仙沼在住のシンガーソングライターです。

震災当日は、東北放送のテレビロケ中。サンドイッチマンのお二人と一緒に、気仙沼の港で被災しました。

この曲は、震災前に作られたものだそうですが、まるでこの震災で傷ついた方達を励ますかのよう。

これから先、私の心の応援歌の一つとなって行くかもしれません。

熊谷育美/雲の遥か(YouTubeプロモーション動画)

***今日より明日が、より良い日でありますよう!***

撮影日2011年5月5日 自宅前にて
PENTAX K-7 LS/TAMRON AF 28-300mmF3.5-6.3 XR Di LD

« 通院の途中 5月編 | トップページ | 看護の日 »

東日本大震災」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

熊谷育美さんの歌聞きましたよ。
素直な透き通った声で好感の持てるミュージシャンですね?
前記事の実行絶対にしましょうね!・・・・・
その時は、
K20Dの手ほどきもお願いします。

おはようございます
原発がなかったらここまでひどくならなかったと
思います やはり天災より人災の方が怖いです
応援歌に出会えると心強くなりますね 戦後の
リンゴの歌みたいですね・・・

るーちゃんさん、おはようございます。
熊谷さんを知ったのは、昨年の入院中。映画「劇場版TRICK」主題歌に抜擢された「月恋歌」が、FMでよく流れていて、あの声にとても癒されたものです。

使いこなせないままK-7に替えちゃったので、手ほどきとはいかないかもしれませんが、撮影も楽しみたいですね。

カメラ夢遊さん、おはようございます。
原発事故は、本当に深刻ですね。2年程前のラジオで、かつては世界トップ水準だった太陽光発電なども、原発ありきで、開発推進阻止の圧力がかけられたと聞いたことがあります。なんとしても、方針を転換していってほしいものです。

ラジオでも、最近、リンゴの歌の話題がよく取り上げられていました。音楽の持つ力というものも、とても大きいですね。

「雲の遥か」凄く良い曲ですね。知らず知らずの内に涙が・・・
「ぼんやりーぬTV」の伊達さんと冨澤さんもそしてもちろん熊谷さんも、あの震災の日に気仙沼市に居たのは、こうして歌で、笑いで、そして震災、津波を体験、目撃したものとして、伝えて行くためだったのでは・・・と思います。
彼らはマスコミでいち早く何を被災地の人々が必要としているかというのを訴えたと聞いています。彼らのブログもチェックしてますが、本当に励まされます。

山岸浅葱さん、こんにちは。
「雲の遥か」、ほんと聴いていると、じーんときます。
私も、あの気仙沼ロケが、決して偶然じゃなかったのでは・・・と思えてしまいます。このあまりにも悲しい出来事が、時間の経過とともに忘れ去られないよう、これからも語り伝えていってほしいと思います。東北魂ですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96019/51641944

この記事へのトラックバック一覧です: 2か月:

« 通院の途中 5月編 | トップページ | 看護の日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ