« 歴史を作った車達 Vol.2 | トップページ | 暑さが続いています。 »

2012/08/03

モンスターなマシン達

12080301

自動車フェスタにもう少々お付き合いください<(_ _)>

まずは、「躍動するハイエンドカー」ゾーンに展示の一台。

ランボルギーニ・アヴェンタドールです。

確か70年代に巻き起こったスーパーカーブーム。

ランボロギーといえば、カウンタックが印象に残っています。

このアヴェンタドール、時速0→100kmがなんと2.9秒とか!

アンビリーバボーです。

そしてこのゾーンの車、1000万~4000万円だそうです。

価格もモンスターですね(@_@)


次は、「極限を追求レーシング・スポーツカー」ゾーンから

12080302

F1マシン マクラーレン ホンダ MP4/7。

1992年シリーズで、故アイルトン・セナが搭乗たマシンです。

1991年は、前モデルMP/6でセナがワールドチャンピオンを獲得しましたが、1992年はライバルであるウィリアムズ・ルノーの
マシン性能が勝り、ナイジェル・マンセルにその座を譲ることになります。

翌1993年には、ホンダがF1から撤退してしまいましたので、このMP4/7はセナが乗った最後のマクラーレン ホンダなのですね。

実は、セナが好きでF1を結構見ていましたが、92年冬~94年春まで入院していたので、しばらくF1から離れていました。

そして、退院直後の94年5月、その年にウィリアムズに移籍していたセナが、レース中の事故で亡くなったことを知りました。

ニュースでコンクリート壁に激突するセナの映像を見て、とてもショックでした。

以後しばらくは、F1中継を見る事ができませんでした。

12080303

ドライバーズシートのすぐ後ろ、拡大画像の方じゃないとよく見えないかもしれませんが、セナの名前「Senna」そしてブラジル国旗がペイントされています。

ブラジルの英雄だった セナ。

今でも雲の上でブラジルカラーのグリーンとイエローのヘルメットをかぶり、ステアリングを握っているのでしょうか。

12080304

この角度で見ていると、F1中継のテーマ曲で使われているT-SQAREの「TRUTH」が聞こえてきそうです。



☆ Today's Photo
  PENTAX K-5/DA18-135mmF3.5-5.6ED WR

***今日より明日が、より良い日でありますよう!***

« 歴史を作った車達 Vol.2 | トップページ | 暑さが続いています。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

スーパーカーにはあまり興味がありませんが・・・
F1は今でも見ていますが、どうもホンダ・トヨタが撤退した
状況ではイマイチ面白くないですね。
新エンジンの開発に失敗すればなかなか結果が出ない!
コンストラクターズポイント争いも結構興味がありますが・・
何と言ってもドライバーズ・ポイント争いが気になりますね。

おはようございます
スーパーカーの流行っていた頃日本経済も絶頂だった
みたいですね 今は下がる一方・・・ でもいつか落
ちきれば上向きになってくれると思うのですが・・・

るーちゃんさん、こんにちは。
今はどこのチーム、そしてドライバーが有力なのでしょうか?
エントリに書いた1991年も、マクラーレン・ホンダがトップでしたが、確かウィリアムズ・ルノーのハイテクマシンが未完成で調整不足だったため。セナもシーズン中から危機感を感じて要望を出していたようですが・・・。
翌年ホンダ撤退を知ったセナは、涙したとのこと。ウィリアムズ移籍後も、「またいつかホンダに乗る」と言っていたと聞きました。とても残念です。

カメラ夢遊さん、こんにちは。
バブルまでの日本、一体何だったのでしょうね。
今でも実態とかけ離れたところでのお金の動きに、全世界が翻弄されているように思えてなりません。
でも、暗いニュースの陰に隠れて、規模は大きくないながらも、多方面で頑張っている国内企業の話も聞きます。
新しい価値観、豊かさを求めて、良い方向に進んでいってほしいものです。

こんにちは、きょうは8月6日。
クルマの名前のようですが、この日をハチロクと呼んでいます。
静かに過ごしています、東京地方、朝方には強い雨もありました。

みなさん、クルマに強いのですね(笑) 私は機械が嫌いということはありませんが、クルマを運転するチャンスがなくて、ライセンスを持っていません。
スーパーカーというものは、見ることはありますが乗ったこともなくて、閉所恐怖症気味なので、ちょっと怖いです。
でも、クルマに乗ることの意味を突き詰めればスポーツカーに乗るということだと思います。

F1で過給器が禁止になったのでしたっけ、あれこそセイブエナジーの観点から有効だと思っていたので、残念でした。

日本人が最初に経験した過給器はB-29だったようですが。
あれは高射砲の届かない、空気の薄い高空から爆弾を落とすマシンでした。
結果的に白人の犠牲を少なく出来た原爆投下は、大変有意義な行為だったそうですね。 立場によって考え方は大きく違うものです。

iwamotoさん、こんにちは。
返事がすっかり遅くなって、申し訳ありません。

トヨタのハチロクも展示してありました。周りは人が大勢いて、遠目からしか見れませんでしたが、やはりみんなスポーツカーへの憧れが強いのでしょうか。

F1は、すっかり環境が変わったそうですね。最近はさっぱり見ないので、状況がわかりませんが。

先日コメントいただいたのが、8月6日、そして今日が8月9日。昭和20年のその日、米国はいかなる理由があっても使ってはいけないものを使ってしまいました。でも、先日6日、トルーマンと当時のB29搭乗員のお孫さんが、広島を訪れてくれたとのこと。全世界が少しずつでも、核廃絶に向かって行ってくれることを願って止みません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96019/55343121

この記事へのトラックバック一覧です: モンスターなマシン達:

« 歴史を作った車達 Vol.2 | トップページ | 暑さが続いています。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ