« そろそろコスモスでも | トップページ | コスモスさんぽ プロローグ »

2014/10/01

防災・減災意識

14093002zao

日曜日に発生した御嶽山の噴火では、多くの方が亡くなられ、いまだ安否不明の方も大勢いらっしゃいます。様々な悪条件で、救出活動もままならない様子。心配です。

前後しますが、7月にも、広島で大規模な土砂災害が発生し、やはり多くの方が亡くなられましたね。わずか二月の間に、非常に多くの方が、自然の脅威に晒され、犠牲になってしまいました。本当に心が痛みます。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りしたいと思います。

昨日の地元紙に、東北の火山についての記事が出ていました。
*東北の活火山、噴火兆候なし 仙台管区気象台(河北新報)
*東北の活火山 避難計画の策定遅れ目立つ(同上)

14093001kurikoma

因みに、地元宮城県内にも、蔵王山(写真1枚目:2009年2月28日村田にて撮影)、栗駒山(写真2枚目:2006年4月22日田尻にて撮影)、鳴子と、三か所の活火山があります。
この内、蔵王山と栗駒山は、火山噴火予知連絡会が「今後100年程度以内に噴火の可能性がある」として、気象台が24時間態勢で観測しているそうです。

今の所、いずれの山も噴火の兆候は認められないとのこと。ただ、東日本大震災以降に活動が活発化している山もあるとか。蔵王山も、先々月、火山性地震が106回発生(2010年9月の観測開始以来最多)し、火山性微動も3回発生しているそうです。

御嶽山の噴火もそうですが、危険性の高低に関わらず、今後は情報公開のあり方も考えていかなければないでしょうね。観光への影響(風評被害)等、いろいろ問題はあると思いますが、何といっても“人命優先”でお願いしたいものです。

ところで、ハザードマップは、蔵王山のものはありますが、栗駒山は未整備とのこと。
*蔵王山火山防災ハザードマップ(宮城県HP)

また、避難計画の策定は、観測対象の二山ともまだとのことでした。

何時、何処でどのような事態に遭遇するかわかりません。自分自身でも、様々な災害に対して、防災、減災の意識を高めておく事が必要ですね。

***今日より明日が、より良い日でありますよう!***

« そろそろコスモスでも | トップページ | コスモスさんぽ プロローグ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
日本は、火山の多い国、危険と隣り合わせで生きているんだなぁ~と、身にしみて気付かされました。
たくさんのお亡くなりになった方々に、お悔やみを申し上げます。
蔵王山、栗駒山のお写真、大きくして拝見しました。
どちらも神々しいお山ですね。
澄んだ空気の美しさも感じられるような鮮明な眺めを楽しませていただきました。(^^)

おはようございます
やはり自然に対して畏敬の念忘れてはいけないですね 

日本には110もの活火山があるそうですね。
大きな噴火がしばらくなかったので、御嶽のニュースはショックでした。
人間は自然を手なずけたつもりでいるのかもしれませんが、そんな生易しいものではないですよね。

Maruさん、こんにちは。
「危険と隣り合わせ」、本当にそうですね。
怖がってばかりでは何もできないでしょうが、リスクの存在をよく認識したうえで、行動しなければいけないでしょうね。

栗駒山は、ちょっと遠いのですが、蔵王は我が家周辺からでも見えるところがあるんです。
雪化粧をした大きな山は、本当に神々しいですね。

カメラ夢遊さん、こんにちは。
「畏敬の念」、本当にそうですね。
人間は、自然の一部なのだということを認識し、自然に対して謙虚に向き合わなければいけないと思います。

黒顔羊さん、こんにちは。
ニュースで知りましたが、火山の数では、日本は世界全体の7%だそうですね。まさに火山国ですね。
雲仙普賢岳の際もショックでしたが、今回も本当にショックが大きく、胸が痛みます。
いくら科学技術が進歩しても、やはり人間に自然を超越することはできませんよね。決して驕る心があってはいけないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96019/60404790

この記事へのトラックバック一覧です: 防災・減災意識:

« そろそろコスモスでも | トップページ | コスモスさんぽ プロローグ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ