« 啓蟄 2017.03.05 | トップページ

2017/03/11

2017年3月11日

今日は東日本大震災から6年、2193日目。昨年の秋、高校時代の友人であるK君が震災で亡くなっていたのを知り、これまでとはまた違った思いで今日を迎えました。

K君はじめ亡くなれた方々を悼み、いまだに大変な状況にある方々に思いを寄せ、静かに午後2時46分を迎えたいと思います。


***昨日より今日、今日より明日が、より良い日でありますよう!***

« 啓蟄 2017.03.05 | トップページ

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

地震と津波は、残念ながら受けいるしかないでしょうが、
原発の事故が悔しいですね。 全く目処が立たない。
これをコントロール下にあると言う神経が、信じられません。

おはようございます
3.11だんだん記憶の彼方へ行っているような気がする
怖いですね・・・

チャトラさん、こんばんは。
あれから6年が経ちましたね。
仙台はいつまでも物資が不自由だったことを思い出します。
岩手では比較的早く食料がまわってきた気がするのですが
仙台はなかなかいつまでも甘いものなどが無いと聞いて驚いたものです。

昨年になってから、お友達の逝去を知られたとのこと、ショックだったと思います。
助かった方々でも、いまだに大変な思いで生きておられる方も多いです。
自分に何ができるだろうかと無力感はありますが
せめて東松島から埼玉に行った叔父のことくらいは気にかけていきたいと思っています。

iwamotoさん、こんにちは。
コメントいただき、ありがとうございました。
慌しくしており、ご返事がすっかり遅くなって申し訳ありません。

原発事故は、人災と言ってもいいのではないでしょうか。
それにこんな状況なのに、誰も実質的な責任をとれません。
何の罪も無い福島の方達が苦しむ姿に、胸が痛くなります。
そんな危険なものは、早く無くしてほしいです。

カメラ夢遊さん、こんにちは。
コメントいただき、ありがとうございました。
ご返事がすっかり遅くなって申し訳ありません。

震災関連番組でもとり上げられていましたが、
どう後世に語り継いでいくかが大事なのでしょうね。
でないと、同じ悲劇が繰り返されてしまうのではと思います。

esikoさん、こんにちは。
コメントいただきありがとうございました。
ご返事がすっかり遅くなって申し訳ありません。

友人は、沿岸部から離れた内陸部にある仕事場にいたのに、
沿岸部にある自宅に戻ってしまったそうです。
11日、黙祷をしながら、車に乗り込む友人の姿が目に浮かび、
心の中で「行くな!」と叫んでいました。
その時の彼に届くはずも無いのに。

「何ができるだろうかと無力感」、私もそうです。
というか、震災以来、何もできなかったという罪悪感でしょうか。
せめて被災地に足を運ぶ機会を作っていけたらと思います。

まだ不十分ながら退院する事となりました。
家で温和しくして養生に努めております・・・。

お見舞い下さいましたことに感謝しております・・・。
庭のクロッカスも咲き出したようです!

るーちゃん、こんにちは。

退院のお知らせをいただき、ありがとうございました。
まだ不十分とのことですが、まずはおめでとうございます。
今後も、どうか焦らずにじっくりと静養なされますように。

お庭のクロッカスが咲きだしたの事、いよいよ春本番も近いですね。
また綺麗な葉の写真を、ブログで拝見するのを楽しみにしています。

ともあれ、引き続きお大事になさってください。

月日 ながれてからの 悲しいしらせは
やるせない気持ちに、、、
ご心中 お察し致します

これからも
地震 津波
防ぎようがないけど

なにか
先人の知恵を活かして
みらいに
進めたらと思います

たとえば
「これより下に家を建てるべからず」とか
碑があったら
それを
守る、、、とか、、、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96019/64999425

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年3月11日:

« 啓蟄 2017.03.05 | トップページ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ