カテゴリー「ベガルタ・楽天・89ERS」の209件の記事

2013/11/04

東北楽天ゴールデンイーグルス、悲願達成!

13110206

ドウダンも、楽天カラーのクリムゾンレッドに輝いています^^

続きを読む "東北楽天ゴールデンイーグルス、悲願達成!" »

2012/03/25

雪にも負けず。

120325

今日は、朝から青空が気持ち良いです^^

続きを読む "雪にも負けず。" »

2012/03/10

J1無事開幕

120310

今日は、待ちに待った、サッカーJ1開幕。

続きを読む "J1無事開幕" »

2011/12/18

たくさんの夢と希望をありがとう

111218

今日は、超長文にてすみませんm(_ _)m

続きを読む "たくさんの夢と希望をありがとう" »

2011/06/05

伝説の男達

11060600

ベガルタは、今日、ナビスコカップでリーグ戦絶好調で首位の柏と対戦。1-0で勝利しました!

続きを読む "伝説の男達" »

2011/05/22

東北魂! みちのくダービー第1章

110522

明け方は、南の空にお月さまが出ていたのですが、結構早い時間から雨が降り出してしまいました。そして、昨日の暑さが嘘のように、湿気寒ささえ感じます。

続きを読む "東北魂! みちのくダービー第1章" »

2011/05/21

若きエースの戦い.etc

11052101

昨夜の交流戦2カード目の楽天-ヤクルトは、田中、由規 両投手の見応えのある投手戦の末、2-1で勝利!

続きを読む "若きエースの戦い.etc" »

2011/05/18

ニュー携帯ラジオ

110518

チューナーを壊してしまった愛用の携帯ラジオ。先日、替わりに新しいラジオを買いました。

続きを読む "ニュー携帯ラジオ" »

2011/04/30

震災復興キックオフデー

110430

昨日は、村井知事が宣言した「震災復興キックオフデー」。ユアスタではベガルタがレッズと、Kスタでは楽天がオリックスと、それぞれ待ちに待ったホーム開幕を迎えました。

この日、新幹線が東京-青森間、仙台市営地下鉄も富沢-泉中央間が全区間で復旧しました。

月曜日には、新幹線の福島-仙台間が復旧しており、丁度出先で高架橋の上を日の光を浴び輝きながら走り抜けるシルバーの車両を目にし、何だか感動してしまいました。また、既に一部復旧(今月13日)していた仙台空港から飛び立つ旅客機も目にし、またまた感動。

スタジアムも、地下鉄も、新幹線も、空港も、あれだけ甚大な被害を受けながら、ちゃんと復旧できた。その陰には、言うまでもなく、たくさんの人の血の滲むような努力があったに違いありません。

震災後、国内でインターネットに投稿された心温まるつぶやきや、海外から寄せられた応援メッセージをまとめたサイト「prayforjapan」に次のような一節がありました。

停電すると、それを直す人がいて、断水すると、それを直す人がいて、原発で事故が起きると、それを直しに行く人がいる。勝手に復旧してるわけじゃない。俺らが室内でマダカナーとか言っている間クソ寒い中死ぬ気で頑張ってくれてる人がいる。(prayforjapanより引用

自分は、そんな人たちに支えられて生きているんだ。人間の力って、凄いなー。そう思います。

昨日も、たくさんの人たちの努力によって、ベガルタ、楽天ともに、無事、ホーム開幕を迎える事ができました。

なかでもベガルタは、地元で練習ができなかった間、宿舎と練習場を提供してくれたレッズとの一戦と言う事で、少々複雑ながらも、感慨深い思いで試合を見守らせていただきました。

余震の不安もあるであろう中、いつものユアスタでは考えられない程たくさんのレッズサポーターが駆け付けてくれました。本当に感謝です。

結果は、ベガルタが1-0、楽天が3-1と、ダブルでホーム開幕勝利!

試合後、ベガルタをスタジアム観戦した友人からメールが届きました。津波に襲われながら、九死に一生を得た友人です。短いメールでしたが、無事にこの日を迎えられた事の喜びが、ひしひしと伝わってくるメールでした。

或はまだまだ復旧、復興どころじゃないという状況の方も多いとは思いますが、元気を出せるところから頑張って、前へ進む原動力となっていければと。ベガルタ、楽天にも、その先陣を切って、これからも勇気を、元気を与え続けて欲しいと願っています。

***今日より明日が、より良い日でありますよう!***

2010年4月21日 仙台市営地下鉄富沢駅西にて撮影
PENTAX K20D/PENTAX FA77mm Limited F1.8

2011/04/24

魂のゴール

110424

東北楽天ゴールデンイーグルスは、4月12日の開幕戦を勝利し、昨日もルイーズ選手のサヨナラホームランで劇的な勝利。現在、6勝5敗で3位につけ、順調なスタートを切りました。

それに続けと、ベガルタ仙台は、昨日、7週間ぶりのJリーグ再開初戦に臨みました。

震災発生直後、避難所や車の中での避難生活も経験した選手たち。2週間の活動中止。活動再開後も避難所等でボランティアをしながらの練習。「自分達は、今、サッカーをしていていいのか?」という心の葛藤もあったそうです。

更に、今季、攻撃の中心的役割を期待されて加入した、マルキーニョス選手の退団。それによるチームプランの練り直し。

そして、被災地のチームとしての周りからの注目、期待。様々な重圧の中、まさに試練の再出発だったと思います。

そうした良くないコンディションの中、正直、勇気と元気を与えてくれる気持ちのこもったプレーをしてさえくれれば、勝利は二の次だと思っていました。

でも、選手たちは、前半に先制を許しながらも、最後まで諦めず、見事、1-2の逆転勝利と言う、最高の結果を出してくれました。

太田選手の同点ゴール、鎌田選手の逆転ゴールとも、ベガルタに関わる全ての人の気持ちが乗り移ったようなゴールでした。感動しました。

4月12日(震災翌日)のホーム開幕戦を楽しみにしながら亡くなられた、ベガルタサポーターの方も多くいらっしゃると伺いました。その方達の思いも載せた、まさに魂のゴールだったように思えてなりません。

この試合、きっと、一生忘れられない一戦となる事でしょう。

ところで、この日を迎えるにあったって、多くのクラブや他チームサポーターの方達の温かいご支援があったとも伺いました。

昨日も、主催クラブである川崎フロンターレのチーム、サポーターの皆さんから、多くのご支援とご配慮をいただいたそうです。

試合開始前には、川崎サポーターがベガルタの象徴的応援歌“twisted”を歌い始めるという光景も。

“川崎Fサポが応援フラッグ!仙台サポも「うれしい」”(スポニチ)
“【川崎フロンターレ】【ベガルタ仙台】2011年4月23日 エール交換”(YouTube動画)
“【川崎フロンターレ】2011年4月23日 煽りV”(YouTube動画)

本当に、感謝、感謝です。

きっとこの先も、ベガルタ仙台にとって、厳しい状況は変わりなく続くことでしょう。負けが込む時があるかもしれません。

でも、昨日のように、何があっても最後まで諦めない気持ちで戦い、勇気と元気と希望を与え続けてほしいと思います。


追伸。プライベートでも、被災地へのボランティアを続ける関口選手のスパイクに縫われた言葉です。
 “一人じゃない 信じよう 希望の光を!”(左足)
 “共に歩み 未来に向かって”(右足)


2011年4月21日 団地周辺にて撮影
PENTAX K-7 LS/TAMRON AF 28-300mmF3.5-6.3 XR Di LD

***今日より明日が、より良い日でありますよう!***

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ